美肌っこクラブ〜美尻編〜

「デトックス」術の問題やリスク

「デトックス」術に問題やリスクはまったく無いのだろうか。第一、体内に蓄積していく毒素というのは一体どんな性質のもので、その毒物は「デトックス」の力で排出できるのだろうか?よく女性誌でリンパの停滞の代名詞のように書かれている「むくみ」には大きく2種類に分けると、身体の内部に病気が潜伏しているむくみと、病気ではない人でも現れる浮腫があると考えられている。美容悩みを解決するには、一番最初に自分の臓器の健康状態を調査することが、解放への第一歩です。果たして、一体どんな手段を用いれば自分の内臓の健康度を確認できるのでしょうか。

 

紫外線を浴びてできてしまったシミをどうにかして消そうとするよりも、作られてしまわないように事前に防護したり、お肌の奥に隠れているシミの子どもを防ぐ方が肝要だということをご理解いただけましたでしょうか。乾燥肌とは、肌(皮ふ)の角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が通常よりも目減りすることで、表皮にある潤いが失われ、お肌の表面がカサカサに乾燥してしまう症状を指します。どっちにしても乾燥肌が普段の暮らしや周辺の環境に深く関係しているというのなら、普段のちょっとした習慣に注意すればかなり乾燥肌の問題は解消すると思います。乾燥肌にはパラネージュを使うといいかも知れません。

 

 

本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が狂いがちになると、ありとあらゆる肌のエイジング現象や肌トラブルが起こるようになります。ほうれい線などのしわ・濃くなるシミ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のクマ・フェイスラインが下がるたるみ・目障りなニキビ・突っ張るような乾燥など、挙げたらキリがないほどです。皮ふの細胞分裂を促して、皮ふを再生する成長ホルモンは明るい時間の活動している際にはほとんど出なくて、夜、食事を済ませてゆるりと体を休め落ち着いた状態で出るためです。あなたは、果たして自分の内臓が何の問題もないと言えるだけの根拠がどれだけありますか?“なかなか痩せない”“すぐに肌が荒れてしまう”などの美容悩みにも、意外な事に内臓がきちんと働いているかどうかがキーポイントとなっているのです!

 

若々しい肌に必要なコラーゲンは、快晴の日の紫外線に当たったり何らかの刺激を頻繁に受けたり、精神的なストレスが溜まったりすることで、崩壊し、かつ作ることが難しくなっていくのです。皮膚が乾燥する要因である角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の低減は、アトピーなど先天的な要素によるものと、年齢や化粧品や洗浄料による後天的な要素によるものが存在しています。化粧の長所:容姿がきれいになる。メイクも嗜みのひとつ。実際の年齢より大人っぽく映る(あくまで10代から20代前半限定の話)。印象を自分好みに変化させられる。

 

アイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落とさなければいけないとゴシゴシと強くクレンジングし続けていると肌が傷んだり腫れるなどの炎症を起こして色素沈着が起こり、目の下の茶色いくまの元凶になります。全般的には慢性に移行するが、しかるべき処置により病気が一定の状態に保てれば、自然寛解(しぜんかんかい)も予期できる疾患なのだ。日本皮膚科学会の判別の目安は、@激しい痒み、A特殊な発疹とその点在ポイント、B慢性と反復性の経過、3つとも該当する疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と呼ぶ。